So-net無料ブログ作成

7月7日は・・・ [E-P2]

2011y07m07d_215314515.jpg

14年前に亡くなった父親の命日です。

「父親がいたら、仕事を継いでいたのかなぁ~」って思わなくなってます・・・

今日も残業だったので、久々の4日連続になりました。


水分補給のため、毎日、ペットボトル500mlを2本(中身は浄水器から入れた水)、

保冷材入れたバッグも出勤時(車通勤&車移動)に持ち歩くようになりました。

ビタミンドリンクは「チオビタドリンク」と、最近、リニューアルした「ハイシードリンク」をたまに飲みます。

以下は、5年前のブログで、同じく7月7日にアップした記事です。

14年前と比べたら、絶対、暑くなっていると思います。


大学3回生、20歳。

その日は梅雨の中休みの日曜日だった。

近くのスーパーにアルバイトに行っていた僕は、朝9時前に起き、

食事をとり、TVを見ながら時間をつぶした。

13時からシフトを入れていたので、そろそろ出かけようと、2階へ・・・

なにやら話し声が聞こえたので、部屋を覗くと、父親が布団の上で体を横にした状態で、

TVを見ていた。確か、将棋か囲碁の番組だった。

僕:「あれ、今日は仕事に行かないん?」

父:「ん?行くよ。御飯、食べてからね。」

僕:「そう、じゃあ、今からバイト行ってくるから・・・」

そう言い残して、階段を下りて、玄関へと向かう。

靴を履き、玄関扉を開けた・・・

ごくごく普段と変わらなかった。

しかし、その時、見た姿が父親が「生きていた」最後の姿だった・・・


 

父親は税理士の仕事をしていた。

神戸から横浜の公立大学へ進んだ後、卒業して自動車メーカーに就職した。

上司とあわなかったらしく、数ヶ月で退社。

その後、神戸の食品卸会社に就職し、そこで母と知り合い、結婚した。

ある日、高校の同窓会の2次会の席で、友達らに会計の道を勧められた。

その友達も弁護士や司法書士への道を目指していた。

もともと勉強は嫌いでなかったので、一念発起し、税理士になるため、勉強を始めた。

お昼は普通に会社に行き、帰ってきてから、税法の勉強。

税理士試験の何日か前は、普通に出社して、自宅に帰ってきて、食事をとり、

その後、朝の5時まで勉強して、2時間仮眠して、また仕事に行っていたそうだ。

仕事をしながらの勉強を10年経て、見事、税理士試験に合格した。

当初は、税理士としての仕事が来るはずもなく、会社勤めは続いた。

しかし、税理士に集中したかったので、紆余曲折ありながらではあったが、

数年後、独立するまでになった。初めは自宅兼事務所だったが、

後に、きちんとした個人事務所を持つまでになった。

仕事も順調に進んでいったかに見えたが、災難が続いた・・・

1994年の秋、体調不良を訴えたため、母親と一緒に病院へ。

母親の親戚にあたる医師が主治医になってくれた。

胃がんだった。本人には胃潰瘍であるという告知をし、12月の初めに手術をした。

手術は成功。胃の3分の2を取り除くものになったが、転移は見られない。

恰幅の良かった父親の体型は、その後、見舞いに訪れた僕達兄弟を驚かせた。

手術前の父親の姿でなく、少し、頬がこけた、白髪交じりの父親がそこにはいた。

本当は、その後も顔を出したかったが、大学受験を控えていたので、

父親から「別にこんでいい。それより勉強せい」と釘をさされていた。

年も明けた、1995年。術後の経過も良く、15日に仮退院ということで、自宅に戻ってきた。

そして、また病院に戻る予定だった17日・・・阪神・淡路大震災が起こった。

自分の体がままならない状態にも関わらず、翌日、往復8時間かけて仕事の顧問先廻りをし、

ほとんど休みをとることなく働き続けた・・・自分のことより、他人のことを優先していた。


 

21時にアルバイトから帰ってきた僕は、母親に「あれ、お父さんは?まだ帰ってないん?」と尋ねた。

15時に家を出てから、帰る前に連絡が入るはずだったが、まだ連絡がないとのこと。

その時はそのまま晩御飯を食べ、テレビを見ていた。

23時。未だ、父親からの連絡はなし。

事務所に電話するも、呼び出し音が続く。

「久々にどっかで飲んでるのかなぁ・・・」。

日付が変わった7月7日。

携帯電話にかけるも、同じく呼び出し音が止まないだけだった。

父親が免許を持ってなかったので、当時、自家用車はなかった。

もしかしたら、疲れて事務所で仮眠を取ってるのかもしれないと思ったが、

迎えに行った方がいいということになり、タクシーを呼んで、父親の事務所へと向かった。

30分後、父親の事務所の前にタクシーを待たせて、階段をのぼり、自宅に置いてある

合鍵を使って、扉を開けた。声をかけるも、中は真っ暗で、人影はない。

「やはり仮眠してるのかな」と思い、すぐ近くに借りているもう一つの事務所にも顔を出した。

その部屋は、1Kの部屋で仕事も出来るが、仮眠用のベッドも置いていたのだ。

しかし、ここにも、父親の姿はなかった。

タクシーを待たせていたので、あせっていた。 ここでも、公衆電話から携帯電話へかけるが、

つながらない。再度、本事務所へと足を運び、鍵を開けて、まわりを見渡すと、

先ほどは気づかなかったが、トイレの灯りがついてるのに気づいた。

何故、さっきは気づかなかったのだろう・・・

事務所の電気をつけ、部屋の奥にあるトイレの前へと歩み寄る。ノックをするが返事がない。

ノブをまわすと、鍵がかかってなかったので、そのまま扉を開けた僕の目の前には、

横たわっている父親の姿が目に飛び込んできた。

一瞬、立ちすくんだ。次の瞬間、父親の体を何度も揺すりながら、

「お父さん!お父さん!!」と何度も大声を出した。返事はない。

気が動転して、頭の中が真っ白になりそうだったが、すぐに119番に電話した。

その後も、父親の体を揺すり続けた。

救急隊員が来るまでの10分間はとても長く感じた。

たぶん、今までの人生の中で一番長い10分間であった。

時計はすでに、2時をこえていた・・・


 

心肺停止状態であった。救命措置も及ばなかった。

その後、救急隊員の方が警察を呼び、

僕は第一発見者ということで、最寄の派出所に行き、事情聴取を受けた。

発見するまでのいきさつ、発見してからの行動・・・

3時間が過ぎ、派出所を出る頃には、外は明るくなっていた。

気丈にと思っていた気持ちは、迎えに来ていた家族の顔を見た途端、泣き崩れていた。

お通夜が過ぎ、葬儀になった日のお昼、出棺をしている間、それまで晴れていた空から、

大粒の雨が降ってきた。まるで父の死を惜しむかのように・・・

その後も、涙が頬を伝わる日は続いた。


nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。